学校不適応

起立性調節障害とともに歩むためのヨガ

 

起立調節障害をヨガで改善するために必要なこと2つ

 

皆さんはご存知でしょうか。

「起立性調節障害」という症状を・・・

 

起立性調整障害とは

 

起立性調節障害とは、自律神経障害の1つです

「起立性調節障害」とは (専門家向け)

 

不登校の原因ともなりがちなこの症状・・・

一体、どういう症状があるのでしょうか?

 

 

「起立調節障害」のサブタイプ

 

起立調節障害とは、先にも述べたとおり

自律神経のアンバランスさによって

起きてしまうものです

 

立ちくらみやめまい

起立時の気分不良や失神

入浴時や嫌な事で気分不良

動機や息切れ

朝なかなか起きられず午前中調子が悪い

顔色が青白い

食欲不振

腹痛

倦怠感

頭痛

乗り物酔い

 

症状3つ以上+サブタイプのいずれかに合致する場合に診断される>

(起立性調節障害のホームページ 参照のこと)

 

特に思春期に起こりやすく、

 

その罹患率は5〜10%というからおどろきです

 

そして、大切なことはサブタイプがあるということです

 

サブタイプは

 

①起立直後性低血圧

②体位性頻脈症候群

③神経調節性失神

④遅延性起立性低血圧

 

小児科医の先生に伺ったところ、

この「神経調節性失神」は、中でも配慮が必要で、

1番気をつけるタイプであるということでした

 

 

 

大切なこと その1

 

症状は一生続くものではない

 

朝、起きられず、欠席が続く、親子関係も悪化…ともなれば

誰でも人生に絶望する

未来なんてないと思ってしまう・・・

 

つらい訴えが蓄積していきます

 

しかも、受験生の学年であれば、

「高校にいけるのだろうか?」

「そもそも行ける高校はないのではないか」と大きな不安となります

 

これに対して、

保護者、担任やスクールカウンセラーはどういう対応が良いのでしょうか?

「しっかり体調に合わせて休みなさい」

その多くが、気持ちを理解して、

優しく声をかけてくれることが多いと思いますが、

 

子どもたちは、

 

その言葉さえ信じられなくなり、深く悩んでいきます

 

 

「本当はサボりだと思われている」

「学校に来ない方が迷惑かけないからいいんだろう」

 

 

色々な対応を考えていく

 

「医師のアドバイスのもと、登校する時間、頻度を決めていこう」

「登校できた日や体調が落ち着いてる日は一緒にヨガをしよう」

 

このような提案はいかがでしょうか?

 

 

大切なこと その2

 

子どものつらさと保護者のつらさは異なるようにおもいます

 

子どもに対しては、

「なぜ?どうして?」

という自分の体調が

自分の意思で

良好にならないことへの不全感

共有していくことが大切だと考えます

 

学習や進学に関しても、

いつまでにどうすれば進学の手続きができるのか、

しっかりと学校と相談しておくことがもちろん大切です

 

注意すること

 

 

なお、

起立性調節障害だと保護者は思っていたが、

甲状腺の病気が原因だった例もあるため、

 

医学的な視点は決めつけずに、

 

大きな病気が隠れていないか、

 

ということもしっかりと把握して起きましょう

 

 

大切なこと おまけ編

 

その子の症状を大人が勝手に決めつけない

ということです

 

その子が感じていることを全て言葉にできるわけではないし

身体で表現される情報は

わずかであることも多い

原因や取り巻く環境は複雑であるから、

数日で判断するよりも、

「〜かもしれない」と

“なんとなくの把握”にとどめ、

季節が流れるように共に症状と折り合いをつけていきたい

2・3年かけて

しっかり治ったケースや

 

6年かけてゆっくり治っていくケースなどを見れば見るほどに

 

誤診がなく、しっかりとサポート体制が作られることを

 

祈っています

 

 

思春期には大切な時間が凝縮されている中で、

治療にかかる時間を考えれば

心の奥がキュッとしてしまいます

 

どうか

1人で抱えず、つらさが和らいでいくことを望んでいます

 

 

対応方法

 

 

症状の詳細と治療方法

(埼玉にある西部総合病院のサイトが見やすいためご紹介させていただきます)

によれば、自律訓練法も効果的な方法の1つとされています

 

この自律訓練法の延長として、

ヨガの呼吸とポーズは

活用できるのではないか、と私は考えています

 

オススメのポーズは

 

タオルや枕、ブロックを使った

 

リストラティブヨガの1つであり

リラックス効果の高い

 

チャイルドポーズです

 

 

 

起立性調節障害は季節や心の調子でも

 

体調に変化がありますので、

 

無理のない範囲で

朝起きたら

この姿勢でゆっくりと目覚めを待ってみることも

良いかもしれません

チャイルドポーズ

 


学校×ヨガ

 

 

学校のために、学校で生まれた。

Yoga Ed.の歴史は、

1999年、のサウスセントラル・ロス・アンジェルス・チャータースクールで始まりました。

ロス・アンジェルスの中でも犯罪、貧困、暴動が多い地域にあるこの特進校では、生徒たちが、学校の内外において、健全な生活を過ごすためのライフスキルを身につける必要性に迫られていました。

この必要性が、慈善家で、かつ自身も長年にわたりヨガを教えていたタラ・グーバーに強い影響を与え、この特進校にてYoga Ed.を生み出すことになったのです。学校の状況を効果的に改善させるべく、心身の健康維持の為のプログラムを立ち上げることに没頭するうちに、タラは、学校の健全性を高め、また、人生の困難に立ち向かえる術を、子どもたちに身につけさせるためのヨガカリキュラムを作り上げることの出来る、情熱を持ったヨガ教育者達のグループを発足しました。そのプログラムは、驚くべき成功を遂げました。

特進校の共同経営者であるケヴィン・スヴェッドは、「ヨガの効果に疑いの余地はない。我々の生徒は、心身の健康維持全体、つまり、身体、健康を意識する力、ストレス管理力、集中力、学校活動、他者への尊敬と自尊心の構築において改善が見られた。」と賞賛しました。「我々は、本校にて期待される高い達成感を保つために、ヨガは有効かつ価値ある要因であると考える。」

 

<Yoga.ed サイトより抜粋>