MENU
ヨガ

キッズヨガを臨床心理士が行う理由 その①

こんにちは
candrika promovelです

candrika  月の光のように暗闇を照らす存在として
promovel  あなた自身の素晴らしさをさらに高める方法を
心の底から分かち合ってより良い未来を一緒に作りたい

臨床心理士andヨガインストラクター
スクールカウンセラー
中心にお仕事してます。

保育園キッズヨガについて

夏休みを利用して、保育園へ訪問させていただき、キッズヨガのレッスンを行いました

人数が多いこともあり、お子様のことですから、何があるかわかりません!ので、アシスタントの方にご協力いただきました

私のレッスンがイメージできるような内容でしたので、ご本人の了解を得てこちらにご紹介致します

ご感想  その1

スポンジを使って笑っているスポンジと
泣いているスポンジを
心に見立てて水につけて説明する

素晴らしい発想でした!
どのクラスでも注目しない子は
いませんでしたね。

スポンジを使いながら、
“これからみんなで呼吸をしたり、
ジャンプしたりねじったりしながら

ココロさんをみつけにいくよ。

とお伝え

“みーんな食べた後におしっこやうんちをするよね。終わった後どんな感じかな?すっきりするよね。気持ちいいよね。これから、ヨガでも同じようなことをしていくよ。”
といったような説明をされていたのがとても印象的でした。
3歳くらいの小さな子どもたちには、おしっこやうんちみたいな生理的な

気持ちよさが
ヨガをすることで味わえるよ

って
言ってあげるとわかりやすいのか~と発見でした。
少し上の年齢のお子さんには少し違ったアプローチで説明もしていました。

とても参考になりました!

 

ヨガをするメリットを子どもに伝える

 

どのようなお子様でも何歳のお子様でも、「伝える」ということを忘れないようにしています

 

このアシスタントさんが入ったクラスは
3歳代の子がほとんどでしたので
おしっこやうんち💩を使いました

これを中学生には使えません…きっと、空気が凍ることでしょう…

そして、きも〜いと言われておしまい…

身体の感覚を言葉で表現することや伝えていくことは
なかなか大人でも難しいので
たとえ話で伝えていきます

疑問  その1

 

ルールの傘の説明について

私がキッズヨガの資格を取らせて頂きました、Yoga ed.Japanのレッスン内容で、導入の場面で、しっかりヨガのルールを守ってもらうように約束をしていくこと

 

を大切にしています

 

それについて、私は
この横断歩道と信号のルールを例にしたのですが、
「ルールの説明は、すごくわかりやすいと
思いました」とのご感想を頂きました。

 

ヨガを行う時のルールを伝える

 

これはダメですとか、やっちゃいけない!と

単純に子どもたちに伝えても意味がないです
赤信号は危ない
横断歩道を渡るのは青信号
こんな社会的なルールとからめて

お友だちが痛いのはやらない

ということも簡単に身振り手振りもしながら伝えていきます

 

まるで
雨が降った時に傘をさすように

あなたの心を守っていく

 

ヨガのポーズをする前にヨガ哲学に触れ

ヨガ哲学から心を育むことができます

 

感想 その2

展開の速さ

 

動きの中で子どもたちができないなーと
思ったら、できるまでやらせるのでなく、
さっと次のアクションに移っていく。
そして、最後に花マル100点!!と
いってあげる。
これがポイントなのかなと思いました。

私はもともと体育会系で、できないことを何度も繰り返して練習する素晴らしさも知っています

しかし、まずは体験させること、が大事。

子どもに集中力がないと諦めたり、イライラしたりせずに
活動内容をポンポンと変えていくことも
大切だと思います

大人のヨガレッスンでは、ゆったりリラックスできる雰囲気のイメージが強いかもしれませんが、子どもの場合には、

臨機応変な対応がやはりベスト

 

子どもの

ココロにヒット

すれば
おのずと集中してくれますから。

そのためには、臨機応変な対応ができるためのヨガレッスンや声かけの選択肢を増やすことが大切です

 

 

 

届けたいこと

唯一無二の「自分」に出会う

一生懸命生きてきたはずなのに、ふと無力感に追われる・・

こんなになんで忙しいんだろう?と疑問に思う・・・

教育の現場で長く働いていると、そういう気持ちを持つ<先生>に出会うことがありました。

また、子育てに悩む保護者の方々が、”自分らしい人生”を送れていないことにも気づきました。

専門知識を深めて、仕事にも自分の人生を豊かにすることにもつながるための講座と相談をcandrika promovel では広げています。

臨床心理士・公認心理師・ヨガ講師(RYT500およびキッズヨガ 、MBSR、アンガーマジメントなど多数の研修資格を取得)の太田千瑞が自由自在に生き抜く方法を皆様へお届けします。