ヨガ思考

「落ち着きがない」の正体

落ち着きがないとはどういうことか

 

 

・・・その中に悪い子は1人もいなかった・・・

 

冒頭のこの文から、何千人と救ってきたであろう歴史と

子どもへの深い愛情を感じるこの本

大変お勧めである「落ち着きがない」の正体

 

この中で大きな共感をした点は、

”落ち着いている”という身体感覚を知らないという捉え方である

 

子どもの行動支援をする際に、

より良い行動を教える・与えるということがあるが、

 

実感を伴った”落ち着いている”(心地が良い)という感覚を

教えることは大変難しいと感じている。

 

もっともよく学校の先生が使う

「静かにしなさい」という表現も

おそらくは何デシベルの静けさであれば良い?

何時何分まで静かにする?

静かだという表情や仕草はどんなもの?

 

 

と、おそらく諸々の発達がゆったりであると

疑問に感じ、より良い(これは周囲の大人にとってだが)

行動に至らないのだろうと推測する。

 

 

”落ち着く”=寝てしまう(それも爆睡)となる

子どもにもよく出会うが、その説明も

この本にはわかりやすく書いてあった。

 

 

きっとこうだろうなと思っていることが

表現されている本に出会って

一気に1時間で読了。

 

 

もちろん、マインドフルネス・ヨガの可能性も

具体的な事例とともに紹介されていた。

 

 

ヨガをどう続けさせていくか、のヒントは

得られないけれど、そのヒントは、

私の中にあるので、まだ温めているところ・・・

届けたいこと

 

 

唯一無二の「自分」に出会う

一生懸命生きてきたはずなのに、ふと無力感に追われる・・

こんなになんで忙しいんだろう?と疑問に思う・・・

 

教育の現場で長く働いていると、そういう気持ちを持つ<先生>に出会うことがありました

また、子育てに悩む保護者の方々が、”自分らしい人生”を送れていないことにも気づきました

 

専門知識を深めて、仕事にも自分の人生を豊かにすることにもつながるための

講座と相談をcandrika promovel では広げています

 

臨床心理士・公認心理師・ヨガ講師(RYT500およびキッズヨガ 、MBSR、アンガーマネジメントなど多数の研修資格を取得)の太田千瑞が

自由自在に生き抜く方法を皆様へお届けします